パスポート申請の代行について


①福岡県パスポートセンターの場合

当事務所は、平日に時間の取れない方のためパスポート申請の代行を行っております。
パスポートは、受取については、日曜日でも可能(ただし、受取は本人のみ)ですが、申請は、平日(8時45分から16時30分)のみ役所が対応しているため、会社員の方は仕事を休む必要が出てきます。
パスポートの取得は、簡単ですので、ご自分で十分可能ですが、どうしても平日に時間が取れない方も多く、その方々のためのサービスです。
申請から交付日までは約1週間となります。書類作成に1日~2日程度頂きますので、お早めにご連絡下さい。

②代理申請の注意点

1 福岡県内に住民票がある方のみです。県外に住んでいる方は対応できません。
2 旅券番号は申請時点では分かりません。
3 受取はご本人様のみとなります。代理で受取に行くことはできません。
4 有効なパスポートを紛失している場合は代理申請できません。

③申請の種類

1新規申請

有効期限が切れた方も新規申請となります。

2切替申請

有効期間が1年未満の場合。バスポートを返納(残存期間は切り捨て、旅券番号変更)

3記載事項変更申請

氏名、本籍、性別、生年月日に変更があった場合。(有効期限同一、手数料6,000円(年齢関係なし))

4増補申請

足りなくなった査証欄を継ぎ足す。1,2のときに同時申請可能。増補は1回のみ。手数料2,500円

④パスポートの受取りについて

代理人による受取はできませんので、ご本人がパスポートセンターまで足を運ぶ必要があります。 引換証、受付カード、手数料(10年 16,000円、5年(12歳以上)11,000円 5年(12歳未満)6,000円)をパスポートセンターにお渡し下さい。
 

 

⑤本人確認書類について

代理申請には、以下のいずれかの本人確認書類原本をお預かりする必要があります。

パスポート(失効後6か月以内のもの)
運転免許
写真付き住民基本台帳カード
写真付き身体障害者手帳
宅地建物取引士証
写真付き官公庁職員身分証明書
保険証+写真付き身分証明書(社員証・学生証など)
年金手帳+写真付き身分証明書(社員証・学生証など)

⑥手続きの流れ

1 電話での申し込み

2 必要書類のお伝え

3 当事務所にお越し頂くか、依頼者指定場所へ訪問

4 申請書に署名+必要書類のお預かり

5 福岡県パスポートセンタ―へ申請

6 お預かりした書類と受取に必要な書類を依頼者指定場所へ持参

7 パスポートを依頼者が窓口にて、受け取り

8 費用の請求

料金と必要な期間


シンプルで分かり易い料金体系。

相談料、出張料、交通費、郵送料(切手代等)、その他実費(法定手数料や印紙代)を全て含んだ額となっております。

業務終了後や業務途中に、追加料金を頂くことは一切ございません。

当事務所の料金について

当事務所は、総額以上の料金を頂くことは一切ございません。
一見すると、目を疑うような破格の安さを提示していたり、最低価格だけを載せて、結局いくらかかるのかわからない事務所もございますが、他事務所との料金を比較される際、この点をご考慮頂ければと思います。また、日数についても、依頼を受けてから取得までのおおよその日数を表示しています。「最短5日で申請」などと紛らわしい表示をしている行政書士もおりますが、書類作成が5日かかるという意味でしょう。この場合、5日で営業開始は絶対にできませんので、ご注意ください。

 

料  金

8,000円
※法定手数料は、パスポート受領の際、お客様が直接パスポートセンターにお支払い下さい。

期  間

依頼から取得まで約8~10日
土日を挟んだ場合、申請が遅くなります。

必要書類

申請書 戸籍謄本又は抄本 パスポート用写真(45mm×35mm) 本人確認書類原本 発給済パスポート(切替)

適用法規

旅券法

よくある質問 Q & A


パスポート申請について


 申請日に20歳となりますが、10年用は取れますか

 10年旅券は20歳以上が取得要件です。そのため、申請日に20歳の場合(申請日=誕生日)は10年で取得できます。正確には、年齢に関する法律により、20歳の誕生日の1日前が20歳となりますので、この日でも10年用の取得が可能です。

 乳幼児でもパスポートが必要ですか?

 必要です。乳幼児であっても単独のパスポート(5年用)が必要です。10年のパスポートは20歳になるまで選択できません。

 5年と10年はどちらが良いのでしょうか

 10年旅券は発行の手数料が5年用より、高くなります。しかしながら、年数に比例して、倍額とはならないので、5年先にも海外へ行く予定のある方は、10年をオススメします。 ちなみに、平成27年度の旅券統計(外務省資料)によると、有効旅券数(一般)は、5年は約700万通、10年は約2200万通のようです。

 未成年のパスポート取得には、どのような注意点がありますか

未成年の場合、ご両親の一方の署名が必要です。また、未成年の場合、5年用のパスポートしか取得できません。12歳を境目に5年用パスポートの手数料は約2倍となりますが、申請での年齢が12歳となるのは、誕生日の1日前となります。誕生日と誕生日の一日前は、既に12歳として扱われますので、ご注意下さい。

 

事務所について


 匿名で電話相談は可能ですか?

 可能です。ちなみに、お電話を頂いたからといって、こちらから後ほど営業の電話をかけるといったことは一切行っておりません。

 支払は先払いですか、後払いですか?

 原則、後払いとなります。申請や届出を行い、受理された時点で、請求書を発行し、入金時点で領収書を発行します。事前に費用が多額にかかる場合は、先払いをお願いしています。

 対面での相談は無料ですか?

 業務依頼をされない場合は、対面での相談は、1回1万円となります。業務依頼が前提の場合、相談料は頂いておりません。

 途中解約は出来ますか。

可能ですが、業務に着手している場合、進行状況に応じ、費用をご請求させて頂きます。

ごあいさつ


福岡タワー上

はじめに

当事務所は、大手行政書士法人で役員を務めていた当職が、ただ案件をこなし、依頼者は二の次という大手の方針に疑問を感じて独立した、小さな事務所です。 そのため、案件の状況によっては、依頼をお断りすることもございますし、住民票などの簡単な書類は、お客様自身に取得をお願いする場合もあります。

しかしながら、有り難いことに、お断りしても、お待ちして頂ける依頼者様がいらっしゃったり、業務を繰り返しご依頼頂けるのも事実です。 それは、当事務所が勝ち取ってきた信頼であり、業務の質にこだわってきた結果です。

例えば、現在では、どの事務所でも当たり前に行っている「電話相談無料」「交通費や実費という名目で、見積もり以上の金額を請求しない」「業務依頼を受けた場合は、相談料は無料」「成功報酬制。許認可が得られない時には無償」といった、依頼者からみれば、ごく当たり前のことを積み重ねた結果です。

スピードと質を重視


当事務所が重点を置くのは、質とスピードです。そのため、決して安くはない相応の対価を頂いております。
「スピードが早く、質も高い、だが、価格は最安値」と美辞麗句を並べるのは簡単ですが、行政書士の業務が労働集約型である以上、質だけ上げて、価格は下げるということはできません。
当事務所は、可能な限り、必要な費用と時間をこのHP上で明示しています。
まずは、他事務所と相見積もりをされて下さい。価格競争を行うつもりはありませんが、納得頂ける費用であることは自負しております。
そして、時間と質を重視されるのであれば、当事務所へご依頼下さい。依頼者に寄り添うコンシェルジュのように全力で業務に当たらせて頂きます。

当事務所を選ぶメリット


経験と実績

法律事務所勤務も合わせると経験が延べ7年、関東の大手行政書士法人にて、役員も経験しております。 行政書士業務については、ほぼ経験しており、福岡ではトップレベルの業務知識と自負しております。 また、金融商品取引業者登録や植物や動物の輸入許可といった福岡ではあまり馴染みのない業務にも対応可能です。

正確性とスピード

私はこの業界に入るまで西日本新聞社にて、記者・編集者・支局長の経験があります。極めて正確で早い文章や書類の作成が可能です。 書類作成は、打鍵速度だけではございませんが、裏付けとして、打鍵9~10文字/秒(親指シフト)で打ち込みます。マスコミへのPRへのご要望があれば、広告ではなく、記事として対応可能です。

わかりやすい料金体系

当事務所は、HP上で料金総額を明示しております。極端に低い料金を提示して、素人同然のアルバイトや外国人に業務をさせる事務所もございますが、トラブルになりかねませんので、ご注意下さい。

行政書士 上奥 良

電話相談無料(匿名可)。お気軽にどうぞ
092-672-0869

お問い合わせ